トップページ > 眼精疲労に効く栄養と食べ物

眼精疲労に効く栄養と食べ物

眼精疲労を改善するためには、食事で栄養をとることが非常に有効です。特に目のために役立つ栄養もありますから、献立に取り入れてみてください。ここでは、眼精疲労に役立つ栄養成分と食べ物について、紹介しましょう。

 

ビタミンAとビタミンB群の働き
ビタミンAには、モノの色を識別する感光色素を作る働きがあります。ビタミンAが不足してくると、色盲になったり暗いところで目が見えにくくなるといった症状が出てきます。ただ、ビタミンAは油溶性ビタミンのため、摂取し過ぎると逆効果になってしまうこともあります。食事以外のサプリメントなどで栄養補給するときには、摂取量に注意することが大切です。

 

ビタミンB群にも、目の健康を維持するための働きがたくさんあります。ビタミンB群はビタミンAとは違って水溶性ですから、一定時間内に消費されないと水分として排出されてしまいます。そのため、こまめに摂取することが大切になってきます。

 

ビタミンAとビタミンB群を多く含む食事
ビタミンAもビタミンB群も、一般的な食品に十分に含まれています。そのため、食事に気を付けている人なら、問題なく栄養をとれているでしょう。ただ、近年の食品の栄養素は、昔よりも減ってきているともいいます。期待する量を食品からとれないなら、サプリメントの活用も大いにありですね。

 

ビタミンAを多く含む食品としては、鶏のレバーやモロヘイヤ、うなぎ、ニンジン、春菊、鶏卵、ニラ、ほうれん草干しわかめなど、日常的にとりやすい食品も多く含まれています。ビタミンB群はといえば、ビタミンB1なら豚肉や玄米、そばなどに多く含まれます。ビタミンB群にはいろいろな種類がありますが、ビタミンB2やB6、B12などを多く含む食品には青魚があります。ビタミンBの種類もバランスよくとることで、栄養成分同士が支え合って働いてくれるはずです。

 サイトマップ
Copyright(c) 2017 アルツハイマーの予防は可能?サプリで出来る対策やその効果とは All Rights Reserved.