トップページ > 乳首に化粧水は効果があるか?

乳首に化粧水は効果があるか?

乳首に対して化粧水をつけるということを考える方も多いようです。困った色素沈着を防止したり、乾燥対策として効果があるのではと考えてのことですよね。

 

しかし一方で乳首は非常にデリケートな部分でもありますから、他の部分で有効だとしてもそれが刺激になることもありえます。では、実際大丈夫なのでしょうか?

 

化粧水の一番の役割は保湿ですから、乾燥対策としては十分な効果があると考えられます。しかしながら、しっかりと皮膚の奥に浸透する成分でなければあまり意味がないかもしれません。

 

美白に関しても、メラニン色素の発生源であるメラノサイトまで浸透させてこそ美白成分の効果が現れるようになります。

 

ですから、結論としては化粧水によって乳首ケアをすると効果はあります。しかし、浸透力や製品によっては効果が大きくバラツキがあると言っていいでしょう。

 

乳首の美白や保湿、かゆみについては、ちゃんと専用の製品が出ているので、それを使うのがベストの方法だと考えられます。

 

デリケートゾーンの美白化粧品は、刺激を極力小さく抑えてくれているので、効果的です。今のところ、化粧水については乳首専用という商品が見当たらないので、あくまで補助的な役割だと思っておきましょう。

 

もし、使うものを間違ってしまうと、かえってかゆみや黒ずみなどのトラブルを悪化させることに繋がりかねません。

 

乳首は生まれたときから黒いということは無く、成長の中で刺激を受けて黒くなっていくのがほとんど。下手に刺激をすると悪化するということをわかって、正しいケアを心がけましょう。

 サイトマップ
Copyright(c) 2017 アルツハイマーの予防は可能?サプリで出来る対策やその効果とは All Rights Reserved.